Created in 0.0268 sec.
 
越智クリニック
 
T:0178 Y:0394 Total:2728102 Online:03
カレンダー
<< 2024.2 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
 

[ カテゴリー » 院長コラム ]

2016/7/21

牛になる?


昔から「食べてすぐ横になると牛になる」と言われて親から怒られたことはないですか?
医学的に調べてみました。
結論的には健康な人ならむしろ食後に横になるのはお勧めです。その方が胃腸に負担がかからず、消化吸収が良くなります。消化には多くのエネルギーが必要なので消化吸収にエネルギーを集中させるという点では横になって休むのは正解です。
ではやめた方がいい人はどんな人か?
それは逆流性食道炎の人です。胃と食道のつなぎ目が緩んでいますので胃の内容が逆流しやすいのです。それでも横になりたい人は右下で横になることです。胃は左から右へカーブしているので右下になると食道に逆流しづらいのです。
さて本題の「牛になる」は何かの戒めでしょうか?
それは考えられるのは「片付けもしないでゴロゴロするのは行儀が悪い」「ずっと横になっていると太ってしまう」という忠告でしょうか。
結論的には横になっても30分ぐらいしたら動き出して下さい。「太った牛」にならないために。

img546

(追伸)
7月11日号で「トウガラシ」を取り上げました。
江戸時代の俳句を披露しましたが(赤とんぼ 羽をもぎれば とうがらし)、これは実は芭蕉の弟子其角の作です。
これに対して芭蕉はトンボは殺してはいけないと批評し、「とうがらし 羽をつければ 赤とんぼ」に作り変えました。とうがらし畑の赤色の眺めを詠んだ芭蕉らしい句ですね。

— posted by 越智邦明 at 10:31 am  

2016/7/14

夜間頻尿


夜間に何度もトイレ。睡眠の妨げにもなるばかりか、高齢者だと転倒や肺炎のリスクも増え寿命が短くなるという研究報告がある。
病気としては前立腺肥大、過活動膀胱、睡眠時無呼吸症候群、糖尿病、腎臓病、そして寝る前の「水の飲みすぎ」や飲酒等の生活習慣も考えられる。
さてこれらの対処を行ってもよくならないときはどうしたら良いか?
①塩分を減らす
塩分の過剰摂取は体内のナトリウムとのバランスを崩し水分を欲するようになります。すると夜間の尿量が増えるのです。夕食は塩分少なめが良いのです。
②夕方のウォーキング
ウォーキングをするとふくらはぎが刺激されて血流などが良くなり血液、リンパ液が心臓に戻りやすくなります。夕方以降のウォーキングは下肢のむくみを改善し余分な水分を就寝前までに尿で出してくれます。
③就寝1時間前にマッサージをして足を上げる
足首から順に上にいくようにふくらはぎを両手でマッサージ。もんだりさすったりすればいい。また数十分の足上げだけでも効果がある。
④寝る2~3時間前に風呂に入る
血流が良くなり寝る前に下肢の水分が尿となって出ます。
⑤漢方薬
八味地黄丸(はちみじおうがん)や牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)などがいい。
以上試してみて下さい。

img536


— posted by 越智邦明 at 09:57 am  

2016/7/11

トウガラシ


「トウガラシの世界史」(中央公論新社、山本紀夫著)を読んでみた。
著者は植物学を専攻、アンデス栽培植物調査隊の一員としてペルー、ボリビアなどを踏査しているときに野生種のトウガラシと出会う。更に、専攻を民族学に転向。世界のトウガラシへの文化人類学的関心は一層深まった。原産地の中南米はもとよりヨーロッパ、アフリカ、東南アジア、中国、韓国と世界の地域や都市を巡り歩く。“香辛料のキング”トウガラシの発見から日本への伝播、また栽培化や品種改良の歴史なども図版を示しながら語られている。
さてトウガラシは居酒屋にもウドン屋にも置いてある。
焼き鳥、モツの煮込みにはたっぷりかけます。
日本にトウガラシが伝来したのは16世紀後半。日本人はあの赤い実の姿に親しみを感じ、江戸時代の俳句にも「赤とんぼ 羽をもぎれば とうがらし」とある。
「七味」「一味」「タカノツメ」-この際に是非、勉強して下さい。

img545


— posted by 越智邦明 at 12:57 pm  

2016/7/7

難聴


外来で老人が大きな声で話すのは、それは耳が遠くなっているからです。年々難聴の方が増え、私の声を側に居るナースが再度、大声で耳元でしゃべるという構図です。耳は加齢と共に聞こえなくなるもので誰もが避けては通れない宿命です。
さて聴覚には音域(可聴域)と音量があります。まず音域。人の耳は下が20Hz(ヘルツ)から上が2万Hzまで聞き取れます。しかし50才あたりから老化が始まり、まず高音がそして低音が聞こえなくなっていきます。
健診では1000Hzの音と4000Hzの音が流れます。1000Hzはソプラノ歌手の最高音あたり。4000Hzはピアノの最高音くらい。かなり老化が進んでも聞こえる音域です。
次に音量も大切です。健診ではまず20~40デシベルと小声の会話レベルの音量で流します。それで聞こえないと音量を上げます。40~54デシベルは日常生活に支障が出てくるレベルとされています。
ちなみに70デシベル以上を要すると、聴覚障害の仲間入り(6級)です。そして両耳が100デシベルでも聞こえないと全聾(ろう)と判断され障害者2級に認定です。
You tubeで「1000Hz」「4000Hz」で検索して、自分を試してみて下さい。

img446

(追伸)
何度も書いている自転車保険。2015年10月に兵庫県が全国に先がけて加入を義務化したのは述べた通りです。今回7月1日より大阪府も義務化になった。2015年の大阪府内の自転車事故による死者が50人と前年より16人増え、事故件数1万2222件は全国ワースト1。10月には滋賀県も続く。東京都も今は「努力義務」だが、私としては愛媛を含め全国一律に義務化を訴えたい。
ちなみに大阪府が損保会社と結んだ協定をみると保険料は本人のみで月150円・家族タイプで270円なので安いと思う。是非、全県で実行されたいと切に願っている。

— posted by 越智邦明 at 04:54 pm  

2016/7/4

家を建てるなら


健康で快適に過ごせる住居の要件のひとつは「木材使用が多いこと」である。
その昔(1986年)、静岡大農学部で動物実験が行われた。「木」「金属」「コンクリート」の巣箱でマウスの赤ちゃんを飼った。木製の生存率が85%、金属が41%、コンクリートは7%であった。
京大名誉教授の木材・合板博物館(東京)の岡野健館長は言う。「この研究で指摘されたのは巣箱の材質の熱伝導の違いです。木は表面を触るとすぐに体温に近い温度になり一定の温度で落ち着きます。一方、金属やコンクリートは熱伝導がいいので、どんどん熱を吸収します。マウスの体温が奪われたのです。」
それ以外に木材が持つ保湿効果による快適性。どんな木も湿度が低くなると湿気を放出し、逆に高くなると吸収する性質があります。それは温度と湿度の関係で起こり、周囲の湿度が65%に保たれるように作用します。
居間や寝室に木を多く使うと快適でダニやカビなどの増殖を抑え乾燥でのどを痛めることも少なくない。特に子供部屋はフローリングにすると木のぬくもりや香りでストレスが少なく学習に集中できるそうです。ただし木の表面に壁紙や塗料でコーティングすると効果がありませんでした。
白木を使うことが前提です。参考にして下さい。

img565

(追伸)
6月23日のブログの「アピオス」料理について37人の方にアンケートを実施し、No1の料理を選んでいただきました。
結果No1は、Y.Aさんのチーズケーキが15票を獲得し1位でした。
やはり発想の意外性と共に是非食べてみたいという感想が多かったです。選んだ1人、I.Hさんは「アピオスでケーキを作れるなんて素敵です。食器も写真の撮り方もおしゃれでした」と。
ちなみにNo2は6票を獲得したM.Kさんの「ポタージュスープとジャーマンポテト」。院外から投票に参加してくれたT.Aさんのコメントは「夏らしい感じと飾り付けのシンプルさが良かった。」との事でした。

IMG0135


IMG0136


— posted by 越智邦明 at 10:32 am  

2016/6/30

ゆうちゃんとサーカス


ハッピードリームサーカスが愛媛にやって来た。
世界10ヵ国のトップクラス精鋭チームが人間の限界に挑戦するアクロバットサーカス。
ゆうちゃんと楽しみに観に行った。
空中ブランコ、大車輪、カースタントショー等、緊張の連続であったが、ゆうちゃんが一番怖がったのはFire performance。大人の私でもあんな事をしていて大丈夫かな、と心配になりました。1時間半もあっという間でした。
ゆうちゃん、本当は「サーカス」と聞いて、ぞうさんが曲芸をするのを楽しみにしていたのですが、その点は残念でした。
でもサーカスは幼少の頃私も行ったのを覚えていますのできっと大人になっても覚えていると思います。
サーカスの後は会場に隣接する見奈良天然温泉「利楽」に入浴して帰りました。利楽もとても楽しかったようです。

IMG0167

IMG0175

IMG0171

IMG0172

IMG0174

IMG0170

IMG0178


— posted by 越智邦明 at 08:07 am  

2016/6/27

高齢者の長生き


老親がどうしたら長生き出来るか?今回は「低栄養の予防」がテーマである。
やせの指標となる「BMI20以下」「低タンパク」「アルブミン4.0g/㎗以下」を低栄養とし、厚労省「国民健康調査・栄養調査」の結果から調べた所、65才以上の2~3割が低栄養であった。
そして03年から09年にかけて「低タンパク、栄養不良」は2倍に増加していた。BMI、アルブミン、総コレステロール、ヘモグロビンと生存率の関係を「高い」「やや高い」「やや低い」「低い」の4段階で分けたら、いずれも「高い」人ほど生存率が高く「低い」人は生存率が低かった。死因では脳卒中、心筋梗塞などの心血管病が多かった。中年期は栄養の過剰摂取が問題になるが高齢者では低栄養が心血管病のリスクを高め、栄養状態がいい人に比べ実に2.5倍高かった。高齢者で低栄養の人が増えている理由はまず小食傾向。
メタボに関する知識が広まったことで「健康のために」必要ないのに食事制限をしている高齢者が珍しくない。さらに運動量も少ない。
では対策は?まず多様な食品を取ること。多様な食品は体重から体脂肪の重量を除いた「除脂肪量」を増やします。体重は同じでも体力を維持する力が上昇するからです。高齢者は動物性タンパク質が不足しがちなので肉、卵、魚介類、牛乳を意識して摂って下さい。私がいつも言うように肉も魚も摂って下さい。

img563


— posted by 越智邦明 at 09:50 am  

2016/6/23

アピオスの料理


6月9日のブログで紹介しました「アピオス」。
さて、どんな料理が作れるか?と早速、通販で取り寄せ、11人の職員に分配し、料理を作っていただきましたので公開します。
スープあり、カレーあり、チャウダーあり、ひいてはケーキまで登場し「料理」というものの奥の深さに感銘しました。
あとは読者の皆様の素直な感想をお待ちしております。

O.Mさん:アピオスに愛されたベーコンの揚げ餃子とコンソメスープ

IMG0120



O.Jさん:アピオスの鶏のトマト煮とアピオス入りキッシュ

IMG0114



S.Mさん:アピオスのカリカリベーコンソテーとアピオスの野菜たっぷりポトフ

IMG0119



N.Kさん:アピオスの春巻き

IMG0124



T.Sさん:アピオスドライカレー

IMG0127



A.Mさん:フライドアピオスとアピオスのそぼろ煮

IMG0130

IMG0132



M.Aさん:アピオスの塩茹でとアピオスのかき揚げとアピオスのきんぴら

IMG0133



I.Hさん:アピオスのチャウダー

IMG0134



Y.Aさん:アピオスのチーズケーキにフライドアピオスを乗せて

IMG0135



M.Kさん:アピオスのポタージュスープとジャーマンポテト

IMG0136


I.Mさん:アピオスの金平とアピオスと卵のサラダと筑前煮

IMG0138


— posted by 越智邦明 at 02:28 pm  

2016/6/20

日本刀


昭和の我々は子供の頃に棒切れを刀の代わりに振り回し、チャンバラごっこをよくしたものです。
刀の歴史を研究してみるとヨーロッパなどの歴史の長い国を見れば類例はあるが二千年以上、王朝が変わらない中で連綿と続いてきた刀の物語は日本にしかないようである。
今は亡き親父が保管庫に入れていた日本刀の手入れをしているのを小学生の時によく眺めていた。本当に切れ味鋭そうで今にも切られそうで怖かったのを覚えている。
日本では「日本刀」。西洋では「剣」である。
数える単位は「振り」。名工「正宗」の銘でも刻まれていたら、3000万は超えるそうである。水も漏らさぬ切れ味、とは良く使われる言葉で酒の世界で「村正」だの「正宗」などは危ない。3合も口にしようなら私などは前後不覚になる。特に正宗は危ない。
さて刀の世界で「百人斬り」などとあるが、これは芝居の話。実際には人の脂で切れ味が鈍り骨などで刃こぼれを起こすので続けて斬るのは五~六人がせいぜいだと書いてある。また「真剣」は親父に持たせてもらったがとても重くよほど鍛えてないとそう振り回せるものではない。
歴史をひもとくと「日本神話」に「くさなぎのつるぎ」が出てくる。天皇の象徴「三種の神器」の一つである。しかし「剣」は源平の壇ノ浦の合戦で安徳天皇と共に水底へ沈んだ。
さて日本では明治9年(1876年)に「廃刀令」が出され帯刀を禁止された。その後も1人だけ刀で斬ることを仕事としていた役人がいた。死刑の「斬首」を担当する首切り、山田浅右衛門。(8代目)。最後の仕事は廃刀令の5年後の明治14年だったといいます。
みなさんは日本刀の本物を手にしたことはありますか?
とてもしなやかな曲線で光沢もあり美しいものです。

img522


— posted by 越智邦明 at 02:45 pm  

2016/6/16

衛気


私たちの体の表面を覆い、守っている「気」のバリアーを「衛気」(えき)と言います。衛気が弱るとウィルスや寒さからくる「寒邪」(かんじゃ)が体内に入り込みカゼや食欲不振、胃腸の変調などさまざまな体調不良を招きます。自律神経が乱れ不眠、イライラ、凝りもひどくなります。
その衛気を保つにはストレスをためないよう運動や気分転換を心がけ体を冷やさないようにすることです。上着を常に持ち歩き、くるぶしを中心に膝から下を冷やさない。くるぶしは「三陰交」と言って冷えに関するツボがあります。
食事も冷たいビール、ハイボールばかり飲まないで、温かい料理や飲み物を中心に摂って下さい。
今の時期は急激な温度変化に体調を崩す人が多いです。御注意下さい。

img572

(追伸)
世の中には篤志家(とくしか)がいるものです。
いつも通り、朝6時40分に病院で仕事を始めていたら、外で音がするので窓から外を見ると入院患者の男性が玄関で(病院のほうきで)掃き掃除をしてくれていました。感心です。感謝。

IMG0129


— posted by 越智邦明 at 01:31 pm  

Copyright 2007 越智クリニック. All rights reserved.  ppBlog is Free & wonderful Software.