Created in 0.0264 sec.
 
越智クリニック
 
T:0072 Y:0233 Total:2827536 Online:01
カレンダー
<< 2015.11 >>
SMTWTFS
12 345 67
89 101112 1314
1516 171819 2021
2223242526 2728
2930      
 
2015/11/30

悪性貧血


ゆうちゃんがある日、こんな質問をした。
「ゾウさんやキリンさんはどうして草しか食べないの?どうしてあんなに大きくなれるの?」
確かに牛も草しか食べない。ライオンやトラは肉食である。一方人間は野菜も肉も果物も魚もなんでも食べる雑食性だ。人間が植物性のものしか食べなかったらどうなるのでしょう?極端なベジタリアン(菜食主義)のように。
結論はヒトは動物性、植物性両方の食品が必要です。これを証明するのに「悪性貧血」という病気がある。これは原因不明といわれた19世紀に治りにくいという意味で命名された。悪性貧血はビタミンB12を吸収できない自己免疫疾患の一つだと判明している。ビタミンB12は肉や魚などの動物性食品にしか含まれていません。これは微生物によって作られていて動物の肝ぞう、腎ぞう、筋肉などに含まれ卵や牛乳にも入っているが野菜には一切含まれていない。動物性食品を全く食べないとビタミンB12が不足し悪性貧血になります。
しかし、だからと言って肉ばかり食べて野菜や果物を全く食べない人は今度は痛風などになる。
やはり食事はバランスが大事と思います。

img503

(追伸)
11月28日(土)愛媛新聞第15面に私の患者さん、河本周雄さん(84才)の記事が載った。
「私の相棒」(マイ・アイテム)の欄である。職業は紳士服の仕立て屋で20才からお父様を見習い60年になる。ファンも多い。「10年前に作ったズボンが体型が変わったので直してくれ」といったリクエストにも気軽に応じる。みなさん良質の生地を使っているのであまり変質がないらしい。先月私に「先生の相棒は何ですか?」と尋ねてきたので「メスとハサミ」と答えた。ハサミも機嫌が悪いと本当に切れなくなる。河本さんが相棒のハサミの手入れを怠らないのはまさに職人ならではの気質である。体の手入れは私に任せて、まだまだ多くのファンの仕立てに応えて欲しいと願っています。
尚、私も年に1着、河本さんにあつらえていただいているが、採寸時よりとても丁寧で左右差もきっちり測って、大変、着心地がいいスーツが仕上がります。いつも脱帽です。
余談ですが新聞記者から「相棒は?」と聞かれて「はさみ」と答えて奥様に怒られた由。「相棒は私でしょう」と。

img525


— posted by 越智邦明 at 04:53 pm  

2015/11/26

大腸癌


国立がん研究センター(東京・築地)が8月に発表した全国409のがん診療連携拠点病院の診療実績(2013年)によると、男性で大腸がんの症例数が胃がんを抜き07年の集計開始以来、初めて最多となった。大腸がんは食事と密接な関係があるとされ、食生活の欧米化などが背景にあるとみられる。詳しく言うと、野菜や穀類の摂取が減り、肉類が増えたことがあると分析している。同センターでは赤身肉やハムなどの加工肉のリスクにも注目。このほか飲酒や肥満もリスク要因にあげている。
さて臨床の場では下血を痔のせいだと放置している人も多い。血便や下りと便秘の繰り返し、便が細い、貧血、原因不明の体重減少などは要注意である。
同センターでは40才以上から、便潜血検査を毎年受けること。そして1度は大腸内視鏡検査を勧めている。
16年からがん登録推進法施行でがん症例の登録が全ての病院で義務化され、より詳しく分かるようになります。

404 File Not Found

(追伸)
連休にやってきたゆうちゃんに奥道後の菊展を見せてやりました。
きれいに作られた菊に喜んでいました。

DSC04834

DSC04835

DSC04836

DSC04838

DCF00303

DSC04839


— posted by 越智邦明 at 11:39 am  

2015/11/19

メトホルミン


メトホルミン(商品名:メトグルコ、メデット、グリコラン・・・)はWHO(世界保健機構)が糖尿病治療の必須医薬品として選んだ4種類の薬のひとつで、日常の診療でも世界中で広く使われています。肝ぞうの糖を作る働きを抑えたり筋肉での糖の利用を促すなどして血糖値を低下させます。
さて近年、血糖を下げるだけでなく老化を遅延させて寿命を延長する効果があることがわかってきました。動物実験ですがLDL(悪玉)コレステロールの減少や寿命の延長が見られます。メトホルミンは細胞を傷つけてしまう有害な活性酸素の量をわずかに上昇させるが、それがむしろ細胞を強くして細胞の寿命を延長させるという報告もあります。
更にメトホルミンには、がんを予防する効果があることが確証されています。(何度も書きましたが)糖尿病の人は発癌率が高いのですがメトホルミンは発癌率を下げてくれます。
健康な人が飲んでも低血糖を起こさないので抗加齢医学会の中にはメトホルミンを個人的に服用している医師も居るほどです。
もちろん(万能薬のように書きましたが)、胃の不調や下痢といった副作用や、妊婦・子供・腎臓疾患を抱えている人などには使用できないので主治医に相談して下さい。
最後にメトホルミンはアンチエイジング薬として将来、応用されるかも分かりません。

img483

(追伸)
ゆうちゃんとの楽しい1日。おんぷ君とキー君も楽しそうです。
我が家のドングリをたくさん拾って持って帰りました。

DSC00898

DSC00908

DSC00915

DSC00920

DCF00302


— posted by 越智邦明 at 10:40 am  

2015/11/16

認知症と糖尿病


厚労省が昨年発表した認知症の高齢者数は305万人。しかし九州大の社会環境医学の清原裕教授の研究によると、実際は全国に推定550万人いて、20年前から6倍に急増。近い将来は「1000万人」の大台に乗るという。
清原教授の研究論文は非常に信頼が高い。これは福岡県久山町(ひさやまちょう)の65才以上の人の健診データ(受診率94%)を分析して出しているからで、全国でこれだけの住民参加のデータは珍しく学会でもいつも取り上げられる。
さて恐ろしいのは65才以上人口が今後、ますます増加すること。昨年も3080万人だった65才以上人口はピークの2042年には3878万人に達する。この時の日本の人口は1億人だから10人に1人が“ボケ”ていることになる。現在36才のサラリーマンが65才になったときの日本の現実がコレである。
さて清原教授の注目したのは、糖尿病と認知症との因果関係である。認知症が増えていると言っても実際に増えたのは全体の69%を占めるアルツハイマー型認知症だけ。脳血管性認知症などの有病率は85年からさほど変わっていない。糖尿病の持病がある人はアルツハイマー型の危険性が2.1倍になることがわかった。認知症を増やしている要因は「糖尿病しか考えられない」とおっしゃっている。
糖尿病の増加率を考えると近い将来、1000万人が認知症になると推計されるそうである。
一方、悪の権化にされる、たばこは禁煙が進んだのに認知症は減らないことから因果関係はないそうである。(清原教授)。
日本に糖尿病患者は2000万人と言われている。
やはり糖尿病治療は急務だと思います。

img479

img480


— posted by 越智邦明 at 03:46 pm  

2015/11/12

ホチキス


ホチキスと言えばマックス。トップメーカーであり現在、市場の主流であるハンディータイプ10号ホチキスのシェアは70%以上。本体だけでなく金属針「マックス針」でも国内トップシェアを誇っている。
マックスがホチキスの生産を始めたのは1946年、前身の山田興業時代のことである。卓上型の3号ホチキスから品揃えを進め52年、国内初となるハンディタイプのホチキス「シック・10」を発売する。小型軽量の10号は急速に普及。54年に社名変更し商品名を「マックス・10」(73年からはHD-10)に改めると認知度は更に高まって、またたく間に「マックス」はホチキスの代名詞となった。注目すべきは技術。従来の半分の力でとじられる「軽とじ機構」(78年)と世界初となる「フラットクリンチ機構」(87年)の開発は大きな転機となった。
00年代後半にはコンパクトながらパワフルな使い心地の「サクリ」シリーズが出た。軽とじ機構に加え、予備針を100本収納できる設計も大好評。また針も11号針を開発して40枚以上の書類をラクに閉じられるようになった。
常にユーザーの声を検討し新しいものを生み出し続けるマックスはいかにも日本人らしい発想である。
益々、がんばって欲しい。

img476

(追伸)
ゆうちゃんが遊びに来ました。
いつもの温泉に行ったときのツーショットです。
題して「見つめ合う2人。」

DSC00910

DSC00911


— posted by 越智邦明 at 05:34 pm  

2015/11/9

孔子


最近の政治の世界を見て、日本人の倫理教育の低下が目立つ。
私は愛光学園で教わった「孔子」の本をいつも読んでいる。
その中に「過って則ち改むるに憚ることなかれ」というのがある。
過ちを認めて改めることに何のちゅうちょがいろうか?過ちは誰にでもあるが過ちを認めないことが本当の過ちであると。
かつて山一證券も不良債権を「飛ばし」という方法で隠した結果、自主廃業に追い込まれた。早い段階で経営者が飛ばし資産を公表し責任を持って処理していたら破綻はなかったと思う。
個人も企業も火種が小さいうちに消す努力をしないといけないと思います。

img499


(追伸)
ゆうちゃん、運動会のかけっこで1番になり、トロフィーをもらってご機嫌です。
ハロウィンやバレエと、忙しい毎日のようです。

04380008

04380003

04380072

04380027


— posted by 越智邦明 at 10:52 am  

2015/11/5

AGE(続き)


10月26日に書きました「糖化」の防ぎ方。
血糖が高いとAGEが体の中に毒として作られ動脈硬化、認知症、がんを持たらすと述べました。さてAGEを体内で増やさない食事法を紹介します。AGEは「焼く、揚げる」と増えます。そのため「煮る、蒸す」調理法がベターです。食後に緑茶を飲むとAGEの産生が減ることも分かっています。
さて今回は食事以外として勃起不全のクスリである「バイアグラ」にAGEによる糖化から体を守る作用があることがわかりました。AGEは人間の細胞の表面にあるAGEレセプターという吸盤にくっつくことで細胞に悪い刺激を与えますがバイアグラ、シアリス、レビトラ等、PDE5阻害薬はその吸盤の数を減らすためAGEの悪い刺激が細胞に伝わりづらくなるそうです。バイアグラには糖化と同様に老化をもたらす「酸化」も予防することが分っています。
「バイアグラ週1回法」で男性ホルモンであるテストステロンも2倍に増えたそうです。男性更年期障害にも改善をもたらすそうです。
今後はバイアグラなどのPDE5阻害薬がアンチエイジングの薬として広く使われるようになるかもしれません。

img501


— posted by 越智邦明 at 03:37 pm  

2015/11/2

人生のアドバイス


日々物事に取り組んでいく心得や姿勢が職員を見て気付くことが多い。私が人生60年を生きてきて若い人にアドバイスしたいことをまとめてみました。
(1)物事を始める際
まず「即行」。「今回はすぐに礼状を出すぞ」と決意しても、ぐずぐずしているとやがて気づきは雑念となり果ててしまいます。先送りしてる間に決まって別の用件が生じて「まあいいか」になります。

(2)物事を行っていく際
「継続」。人にどう思われているかと煩うことなく目の前の物事に集中して取り組む。結果を考えぬ。要は始めたことは必ずやり遂げるという強い意志を持つ。

(3)物事を締めくくる際
行動には失敗がつきもの。成功したからといって楽観的になり過ぎたり、失敗したからといって悲し過ぎない。「不悲不喜」です。そして必ず「後始末」をやり遂げる。物事にはっきりとした終止符を打ち、次に備えることが肝心です。

私の人生経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

img518

(追伸)
何度も当欄で自転車事故の頻発、それに伴って起こる賠償問題を提起してきました。
10月1日から全国初で自転車保険への加入を兵庫県が義務化しました。そのため自転車保険の加入希望者が殺到し、わずか2週間で8000件以上とか。年間1,000円払うだけで対人賠償が最高5,000万円のものも出ています。特に未成年の子を持つ親は注意して入ってやって下さい。すぐに全国で義務化になると思われます。

— posted by 越智邦明 at 05:16 pm  

Copyright 2007 越智クリニック. All rights reserved.  ppBlog is Free & wonderful Software.