Created in 0.0122 sec.
 
越智クリニック
 
T:0068 Y:0233 Total:2827532 Online:01
カレンダー
<< 2015.12 >>
SMTWTFS
  123 45
67 8910 1112
1314 151617 1819
2021 222324 2526
2728 293031  
 
2015/12/7

音響性外傷


「コンサートのあとで音が聞こえづらくなった」と来られる若い人がいます。
仲の良い友人達と好きなロック(コンサート)を夜までガンガン聴いて楽しんだ。その後に「耳鳴」や「耳がふさがった気がする」等の症状を訴えます。
強大な音を聴いた後に発症する急性の難聴を「音響性外傷」といいます。昔は「ディスコ難聴」とも言われていましたが、今は「ロック難聴」とも言います。
また突然の爆発などが原因で耳が聴こえなくなったら、この音響性外傷か圧力変化による外リンパ瘻(ろう)になった可能性があります。後者は程度によっては入院、手術が必要になります。
さて治療は第一に安静で音のない所でゆっくり休むこと。内服としては副腎皮質ホルモンが有効です。
若い人の難聴は放置しないことです。

img504


— posted by 越智邦明 at 01:48 pm  

この記事に対するコメントはありません

Copyright 2007 越智クリニック. All rights reserved.  ppBlog is Free & wonderful Software.